立山・地獄谷歩道の通行止め及び現道(エンマ台~大日展望台)の通行注意について

中部山岳国立公園立山・地獄谷では、火山ガスの変化と噴気活動の拡大活発化により、火山ガス中毒の事故発生リスクが高まっていることから、平成24年度から地獄谷内の歩道を通行止めとしています。

また、地獄谷周辺の現道(エンマ台~大日展望台)についても、風向きや天候によって火山ガスの濃度が高くなる場合があるため、通行の際は水で濡らしたタオルを口に当てるなどの対策を行い、注意をして通行して下さい。

現在の火山ガス濃度は以下のリンクからご覧いただけます(融雪後(概ね7月~10月)運用しています)。なお、積雪期は、立入禁止区域等が分かりにくい場合があります。室堂ターミナルや山小屋に掲示されているポスター等をよく確認して下さい。

 

 

立山・地獄谷周辺の火山ガス保安施設のポータルサイトはこちら

 

中部山岳国立公園のホームページはこちら