立山黒部アルペンルート

防災情報

立山・地獄谷歩道の通行止め及び現道(エンマ台~大日展望台)の通行注意について

中部山岳国立公園立山・地獄谷では、火山ガスの変化と噴気活動の拡大活発化により、火山ガス中毒の事故発生リスクが高まっていることから、平成24年度から地獄谷内の歩道を通行止めとしています。

また、地獄谷周辺の現道(エンマ台~大日展望台)についても、風向きや天候によって火山ガスの濃度が高くなる場合があるため、通行の際は水で濡らしたタオルを口に当てるなどの対策を行い、注意をして通行して下さい。

現在の火山ガス濃度は以下のリンクからご覧いただけます(融雪後(概ね7月~10月)運用しています)。なお、積雪期は、立入禁止区域等が分かりにくい場合があります。室堂ターミナルや山小屋に掲示されているポスター等をよく確認して下さい。

 

 

立山・地獄谷周辺の火山ガス保安施設のポータルサイトはこちら

 

中部山岳国立公園のホームページはこちら

「室堂平の積雪期利用ルール」について

11月(積雪期)に立山室堂平周辺に訪れる皆様へ

 

中部山岳国立公園立山室堂平周辺では、積雪期における利用者の増加や利用の多様化に伴い、雪崩やホワイトアウト等による遭難事故の発生、野生動物(特にライチョウ)及び植生への影響、し尿による環境汚染、地獄谷の噴気活動活発化による火山ガス中毒事故の発生等が懸念されています。

そのため、地域関係者で構成する「室堂平周辺積雪期利用適正化協議会」*参考では、積雪期に立山室堂平周辺を訪れる利用者の皆様の安全確保と自然環境保全のため、利用上のルールを「室堂平の積雪期利用ルール(積雪後~11月30日まで)」として策定しています。

 

1.室堂平周辺における積雪期の問題
(1)安全対策
・悪天候時には厳冬期に近い気象条件にあり、雪崩やホワイトアウト等の天候の急変による遭難事故が発生するおそれがある。

・スキーヤー、スノーボーダー、登山者などが除雪作業区域に立ち入り、事故が発生するおそれがある。

・地獄谷は噴気活動が継続しており、風向きによっては地獄谷周辺でも火山ガス濃度が高くなる。また、地獄谷内の雪面下には有毒ガスが充満しており、転落すれば死亡事故に至るおそれがある。

(2)ライチョウ及び植生保護対策
この時期は、風雪の影響が少ない斜面の植生帯がライチョウの重要なエサ場となっている。このため、スキー、スノーボードの滑走、写真撮影等により利用者がライチョウに過度に近づくことで生態に影響を及ぼすことが懸念されている。

(3)し尿処理対策
スキーヤー、スノーボーダー、登山者や幕営者によって、雷鳥沢野営場や室堂平の植生上、登山道上にし尿やゴミが放置され、環境汚染が懸念されている。

 

2.室堂平の積雪期利用ルール(積雪後~11月30日)
(1)以下の区域に立ち入らないでください。区域は添付のマップで確認してください。
・地獄谷立入禁止区域

・除雪作業区域

・ライチョウ保護区域

(2)ハイマツなどの植生帯に踏み込まないでください。
(3)登山者、スキーヤー、スノーボーダーは、以下のことも必ずお守りください。
・入山届を室堂ターミナルで提出してください。

・雪崩ビーコン、プローブ、ショベルを携帯してください。

・携帯トイレを携行してください。

・融雪防止剤は使用しないでください。

・山岳保険に加入しましょう。

 

室堂平の積雪期利用ルール(PDF)

 

3.積雪期における室堂平周辺でのテント泊について
テント泊をされる方は、冬山に対する高度な知識と技術、十分な装備を持った上で自己責任のもと利用してください。雷鳥沢野営管理所は10月31日~翌年4月下旬まで冬期閉鎖します。野営場は使用可能ですが、トイレ、水場が使用できないため、携帯トイレを使用してください。なお、室堂平の仮設野営指定地は自然環境の保全のため、以下のとおり開設します。

●11月24日(日)まで

室堂平周辺での幕営はできません。

●11月25日(月)以降

幕営者の安全と、屎尿等による自然環境への影響を軽減するため、室堂平(慰霊碑周辺)に仮設野営指定地(ロープで区画された範囲)を設置します。なお、テント泊をされる方は、入山安全相談窓口(室堂ターミナル内)にて、レクチャーを受けていただきます。仮設野営指定地にはトイレはありませんので、携帯トイレを持参するか、室堂ターミナル内(ホテル立山売店、入山安全相談窓口)で購入してください。室堂ターミナル内で携帯トイレの回収もおこなっています。くれぐれも、屎尿を雪や物陰に隠して放置しないようにお願いします。

 

雷鳥沢野営管理所冬季閉鎖と携帯トイレについて(PDF)

 

*参考

室堂平周辺積雪期利用適正化協議会

(1)設立

平成21年3月23日

(2)目的

積雪期の室堂平周辺における自然環境の保全、適正かつ安全な公園利用を推進するために必要な事項について、室堂平周辺の管理運営に係る関係主体が協議・合意形成を図ることを目的とする。

(3)協議会長 立山町長

協議会副会長 環境省信越自然環境事務所長

(4)協議会員

環境省信越自然環境事務所、富山森林管理署、富山県自然保護課、富山県消防課、富山県観光課、富山県警察本部地域室、上市警察署、立山町商工観光課、立山町消防署、富山県道路公社、立山黒部貫光(株)、立山貫光ターミナル(株)、関西電力(株)黒四管理事務所、富山県立山荘、立山高原ホテル、立山室堂山荘、雷鳥荘、雷鳥沢ヒュッテ・ロッジ立山連峰、みくりが池温泉、天狗平山荘、ロッジくろよん、一の越山荘、剱御前小舎、剱沢小屋、剣山荘、富山県山岳連盟、立山山荘協同組合、(公社)とやま観光推進機構、NPO法人富山県自然保護協会、NPO法人立山自然保護ネットワーク、富山雷鳥研究会、富山県スキー連盟、(公社)日本山岳ガイド協会(同不順 計35機関)

 

○事務局

環境省中部山岳国立公園立山管理官事務所 076-462-2301

富山県自然保護課            076-444-3398

立山室堂 山岳スキー情報

富山県では、立山室堂地区で安全に山岳スキー等を楽しんでいただくために、富山県立山室堂地区山岳スキー等安全指導要綱を策定し、様々な対策を行なっています。
対象は、山スキー、スノーボード、登山をするために室堂ターミナルから入山する方です。

 

 

<入山者の心構え>

・入山届を提出しましょう。
・雪崩ビーコン、その他の適切な装備を携帯しましょう。
・雪崩、滑落、高山病、山岳遭難の危険を予防するため、

自己及び他の入山者の安全に十分に配慮して行動しましょう。
・入山指導員などが山岳遭難の防止のために行う指導にきちんと従いましょう。
・山岳保険に加入しましょう。

 

→富山県山岳遭難対策協議会のホームページはこちら

 

 

弥陀ヶ原火山(地獄谷エリア)の防災情報について

地獄谷は現在火山ガス活動が活発なため、立ち入りが禁止されています。
エンマ台~大日展望台間の歩道は風向きにより火山ガスの濃度が上昇する場合が
あります。
*弥陀ヶ原火山について
「弥陀ヶ原」は、立山カルデラ内にあった火山の噴火(今から約10万年前)に
よってできた火砕流台地です。立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)は隆起してでき
た山なので、火山ではありません。
*学術用語として室堂地獄谷を含め、広域で「弥陀ヶ原火山」と呼称されています。
現在、立入が規制されているのは室室平にある地獄谷への遊歩道です。火山ガス
の変化と噴気活動の拡大活発化による火山ガス中毒事故防止のため、平成23年度
から地獄谷内の歩道を通行止めとしています。

 

 

→富山県知事政策局 防災・危機管理課 火山防災啓発チラシPDF