雪の大谷を楽しむ!

雪の大谷とは?

標高2,450mの立山室堂平は、世界でも有数の豪雪地帯。
中でも室堂付近にある「大谷」は、吹きだまりになっているため特に積雪が多く、その深さは20mを超えることもあります。この「大谷」を通る道路を除雪してできる、高さ20mにも迫る巨大な雪の壁が「雪の大谷」です。

雪の大谷はこうやってできる!

雪に埋もれた道をブルドーザーで少しずつ掘り進んでいきます。道の位置をGPSで確認しながら、およそ1ヶ月かけて開通します。

すごーい!大迫力の雪の壁!

天空の白壁を歩こう! 雪の大谷ウォーク

アルペンルート全線開通直後の4月中旬〜6月中旬にかけて、ダイナミックな雪の壁を歩くことができます。室堂ターミナルから約500mの区間にわたり開放される歩行者専用通路(大谷ロード)をはじめ、雪を見て触れて思いっきり楽しむことができます。

エリアMAP

エリアMAP
  • 雪の回廊

    雪の回廊

    期間:4月中旬〜6月下旬ごろ

    室堂ターミナルと自然保護センターを結ぶ、歩行者専用通路。
    大谷に劣らない迫力があります。

  • 雪遊び広場

    雪遊び広場

    期間:4月中旬〜5月上旬ごろ

    除雪でできた雪の山で、思いっきり雪と遊ぼう!
    ソリの貸し出しも行っています。

  • 除雪車「熊太郎」展示

    除雪車「熊太郎」展示

    期間:4月中旬〜4月下旬ごろ

    雪の壁を切り拓くロータリー除雪車「熊太郎」。
    通常の除雪車の2倍近い吹き上げ能力を持った、アルペンルート専用の除雪車です。

  • メッセージエリア

    メッセージエリア

    雪の壁にメッセージを刻んで、
    記念写真を撮ることができます。

  • 大谷案内ボランティア

    大谷案内ボランティア

    期間:4月中旬〜4月下旬ごろ

    大谷ロード内に、富山県認定のナチュラリスト(自然解説員)が待機しています。雪の壁や立山黒部の自然環境などの動植物について解説していますので、お気軽にお声がけください!

  • パノラマロード(雪の迂回路)

    パノラマロード

    期間:4月中旬〜5月上旬ごろ

    360°白銀の世界!
    立山連峰を一望できる雪の上の遊歩道です。

  • アルプス広場 特設会場

    雪の迷路

    雪の迷路(期間:5月中旬〜6月初旬)

    雪の大谷アルプス広場に期間限定でオープンする「雪の迷路」

  • 雪の滑り台

    雪の滑り台(期間:6月初旬〜6月中旬)

    初夏の立山に出現する、巨大な雪の滑り台です。

雪の大谷 インフォメーション

雪の壁の高さ(一番高い地点)
  4/20 5/1 5/10 5/20 6/1 6/10 6/20
平成26年 15.0m 14.0m 13.3m 13.0m 12.5m 11.5m 10.8m
平均(10年) 16.1m 15.9m 14.8m 14.1m 12.9m 12.3m 11.5m
雪の大谷の気象データ(平成22〜26年)
  4月 5月 6月
16〜30日 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬
9時 平均気温 1℃ 3℃ 5℃ 7℃ 9℃ 11℃ 11℃
晴・曇の確率 77% 80% 70% 78% 90% 68% 64%
15時 平均気温 2℃ 4℃ 7℃ 9℃ 11℃ 12℃ 12℃
晴・曇の確率 64% 58% 68% 58% 80% 66% 54%
  • ※ 室堂(標高2,450m)の天気です
  • ※ 立山黒部貫光(株)調べ

服装アドバイス

服装について

雪の大谷が見られる期間中は、気温が最高でも10℃前後と真冬並の服装が必要です。また、天候によっては雪が降る場合もあるので手袋やカイロ、マフラー、耳当て付きの帽子などがあると便利です。

靴について

室堂平周辺は、期間中雪に覆われています。散策される際は、防水の効いたトレッキングシューズや長靴が必要です。

あると便利なグッズ

日が差すと、雪からの強い照り返しがあるため、日焼け対策をしておくといいでしょう。サングラスや日焼け止めクリームなどがあると便利です。

雪の大谷までのアクセス

富山側から

  • 立山駅から立山ケーブルカー
  • →
  • 高原バスで室堂へ

長野側から

  • 関西トンネルトロリーバス
  • →
  • 黒部ケーブルカー
  • →
  • 立山ロープウェイ
  • →
  • 立山トンネルトロリーバスで室堂へ