立山ケーブルカー

立山駅〜美女平

立山駅と美女平間1.3km、標高差およそ500mを7分かけて一気にのぼり、低山帯の森林から山地帯の森林への変化がダイナミックに車窓に展開します。平均勾配24度の坂をツルベ方式で2台の車両が昇降し、途中に2ヶ所のトンネルと材木石の露頭しているところを見ることができます。

立山高原バス

美女平〜弥陀ヶ原〜室堂

亜高山帯から高山帯へ、約1,500mの標高差の大自然の変化を楽しむことができます。運行の際は、全員着席して乗車いただけます。県道と立山有料道路をすすみますが、車窓からの景色は見るものを飽きさせません。

立山トンネルトロリーバス

室堂〜大観峰

日本で最高所(2,450m)を走るトンネルトロリーバスです。立山山頂直下ですれ違い、そこから大観峰へ200mすすんだところに破砕帯があります。

立山ロープウェイ

大観峰〜黒部平

動く展望台として360度の大パノラマをご覧になれます。昇降にしたがい、変化する後立山連峰の壮大な景観を楽しむことができます。

黒部ケーブルカー

黒部平〜黒部湖

自然景観保護と雪害防止のため全線地下を走る、日本で唯一のケーブルカーです。最大勾配31度です。

黒部湖遊覧船ガルべ

黒部湖遊覧船

目の前に迫る北アルプスを見上げながら、雄大に広がる黒部の大自然を気軽に満喫できるのが黒部湖遊覧船「ガルべ」です。平均標高1,448mの黒部湖を30分かけ一周するガルべは、日本で最も高所を航行する遊覧船でもあります。初夏から秋まで美しく移ろう湖畔の原生林を眺めながらの遊覧船体験は、まさに心地よいアルペンクルーズです。

関電トンネルトロリーバス

黒部ダム〜扇沢駅

このトンネルは黒部ダム建設時に資材搬送用トンネルとして掘削されました。途中に富山・長野県境と、難工事の末、突破した破砕帯があります。