Best spot! 室堂

みくりが池の雪イカダ

みくりが池の湖面を覆っていた雪は徐々に溶けていて、雪解けの様子を「雪イカダ」と呼んでいます。

この時期が一番青くなるので写真を撮影するのは今です!

早朝に行けば、写真のように氷が張っていますよ。

  • 6/17撮影。みくりが池と星空のコラボ・・・感動。

Best spot! 室堂

星空鑑賞日和

標高2,450m、ここは立山・室堂平。

遮るものがない室堂では、360℃の素晴らしい天体ショーが体験できます。

 

星空観察を一番の目的にして来られる方は、ぜひ新月近くの日を選んでお越しください。

 

  • 6/13の室堂より。夜の雲海もまた一興・・・。
  • 6/13の室堂ターミナル屋上。防寒対策をしてゆっくりお楽しみ下さい。

Best spot! 室堂

ちいさな春

ちょっと前まで見渡す限りの白銀世界だった室堂高原、

鮮やかなグリーンシーズンに向けて雪解けが進んでいます。

 

ふと足元に目をやれば、可憐な高山植物たちがイキイキ!

 

長い冬を越えようやく、

室堂でも春の訪れが感じられるようになりました。

  • ハクサンイチゲ
  • クロユリの蕾

Best spot! 室堂

一期一会

立山・室堂の魅力の1つが美しい夕陽でしょう。

室堂からの最終バスがでた後、

にぎやかな日中とは対照的に静まり返る室堂高原。

 

雲海に沈む夕陽を眺めながらホッと一息つけば

疲れも嫌なことも全て吹き飛んでいきます。

 

1日として同じ景色はない、一期一会の絶景です。

  • 富山平野側には雲海が広がります
  • 薄ピンク色に染められる立山

Best spot! 室堂

ライチョウの夫婦

6月といえばライチョウの季節です。

みくりが池周辺では、ライチョウ夫婦のツーショット写真をたくさん撮ることができます!

 

ライチョウを目撃したら立山自然保護センター3階に行きましょう。

観察記念のシールをプレゼントしています。

 

  • すっかり衣替えをし、夏の装いです。
  • ライチョウを見かけたら静かに見守ってあげて下さい。

Best spot! 大観峰

ガルベ!

6月1日より黒部湖遊覧船「ガルベ」が運航スタートしました!

日本一高所の湖面を走る「ガルベ」は、30分かけてエメラルドグリーンの神秘的な黒部湖を一周します。

周囲の自然を満喫してください。

  • 大観峰雲上テラスでは、ロープウェイとエメラルドグリーンの湖面が楽しめます。

Best spot! 室堂

雷鳥の季節

6月に入りました。

そろそろ夏服に衣替え…という時期のはずが、

標高2,450mの室堂では今朝にかけてうっすら雪が降りました。

 

さて、立山の6月といえばもう1つ!

雷鳥たちは縄張り争いで大忙しの時期です。

ということで室堂高原のあちらこちらで雷鳥が目撃されていますよ。

 

中にはカメラを向けるとポージングしてくれるサービス精神旺盛な雷鳥も…

誰もが認める立山のアイドルです!

 

 

 

  • 換羽を終え、すっかり夏の装い
  • みくりが池と雷鳥
  • 再び雪化粧の立山

Best spot! 室堂

昼間はあいにくの天気でしたが、夕方になると一変!

なんと素晴らしい夕景を見ることができました。

 

山の天気は急に変化するので本当に面白いです。

 

雨上がりだったので大気が澄み切って、日本海の向こうの能登半島までハッキリと見えました!

 

  • 富山平野の水田は照らされ、キラキラと輝いています。
    この時期ならではの風景です。

Best spot! 室堂

モクモク雲海

澄み切った青空に、綿飴のようなモクモクの雲海が出現しました!

思いっ切りダイブしてみたいですね。

 

様々な自然現象が楽しめるのがアルペンルートの醍醐味!

雪の大谷を見た後は、室堂平で散策してみては・・・?

 

  • 雲ひとつないコバルトブルー!

Best spot! 室堂

青と白の世界

春の立山といえば、雪の大谷!

現在、雪の壁の高さは最高地点で14m。(5/11測定)

4/15全線開通時の17mから多少低くなったものの

まだまだ10mを越える迫力の雪の壁がそびえ立ちます。

 

圧倒的なスケールの雲上の別天地、

春の立山でしか味わえない感動が待っています!!

 

※雪の壁の間を歩く「立山・雪の大谷ウォーク」は6/22まで開催

 

 

  • 見上げれば、はるか頭上に青い空
  • 思わず大人もはしゃいでしまうほど・・・
    (ホテル立山宿泊者限定イベント「雪の大谷散策」は道路貸切!)
  • 空と雪のコントラストがまぶしい!