Best spot! 美女平

秋の巨木トレッキング

赤・橙・黄の落ち葉がヒラヒラと舞い落ちるなか美女平の原生林を歩けば、

堂々たる容姿で個性豊かな立山杉や美しい歌を奏でる野鳥たちが出迎えてくれます。

手つかずの大自然を間近でみて触れて感じるなら美女平散策がオススメですよ。

大きな杉の中に入ってハイッチーズ!!

 

※美女平を散策される際はクマ対策をお忘れなく

  • 森を彩る紅葉
  • 火炎スギにスッポリ

Best spot! 称名滝

大迫力の滝と紅葉

ついに見ごろを向かえた称名滝!

日本の滝100選にも選ばれている称名滝は、紅葉するとさらに迫力が増しているように見えます。

滝壺までの遊歩道も美しく色づき、キツイ坂も楽しく観賞しながら歩けます。

 

平日でも天気が良いとたくさんのお客様で賑わっています。

午後に行くと綺麗に撮影できますよ。

  • 遊歩道も鮮やか!
  • 青空と紅葉のコントラストが美しい!

Best spot! 黒部ダム

今が見頃!黒部ダム

紅葉真っ盛りの黒部ダム!

 

ダム湖畔沿いの樹木は鮮やかな色合いで全体的に燃えるような紅葉になっています。

もう少し雪が降れば、雪の白、紅葉の赤、常緑樹の緑による『三段紅葉』が楽しめそうです。

秋と冬の両方を感じられるのは、この時期ならではですね。

 

  • 山の上が白くなれば『三段紅葉』
  • 黒部川付近も彩りいっぱい

Best spot! 室堂

冬の足音

10月22日未明から明け方にかけ、立山室堂では今シーズン初雪が降りました。

また昨年より1日遅く、平年より14日遅い初冠雪も発表されました。

 

うっすら雪をかぶった立山はいっそう雄々しさが増し、思わず惚れ惚れ。

冬の足音が近づいてきましたね・・・

  • 立山の厳しい冬の始まり
  • 雪化粧の立山に幻想的な雲がかかる

Best spot! 弥陀ヶ原

深紅映えの弘法

9月中旬、標高2,450mの室堂にあったアルペンルートの紅葉前線も

いよいよ標高1,500~1,600mほどの地点まで下りてきました。

 

高原バス道路沿いの弘法(標高1,630m)では

ここ数日の急な冷え込みでナナカマドがさらに燃えるような赤に染まり、

バス車窓からもその美しさをご覧いただけます。

 

じっくり紅葉を鑑賞し写真におさめたいという方は

ぜひ弘法で途中下車し木道散策をしてみてはいかがでしょう。

 

  • 秋に真っ赤な実をつけるナナカマド
  • 弘法付近からは大日連山や大日平が望めます

Best spot! 大観峰

錦秋のタンボ平

アルペンルートでは、弘法から黒部平までの広い範囲で紅葉の見頃を迎えています。

 

特に大観峰~黒部平の斜面に広がるタンボ平の鮮やか絨毯は圧巻!!

 

立山ロープウェイの「動く展望台」で移り行くカラーを空中で楽しむもよし。

 

大観峰や黒部平のテラスで彩りに包まれた時間をゆっくり楽しむもよし。

 

感動の絶景があなたを待っています!

 

 

  • 大観峰の雲上テラスより
  • 黒部平パノラマテラス
  • 黒部平庭園と後立山連峰

Best spot! 立山

彩りトレッキング

立山では着々と秋が深まり、標高2,450mの室堂周辺は紅葉真っ盛り。

 

雷鳥沢付近では鮮やかな赤・橙・黄に染められた息をのむ絶景がっ!

体力・気力がありそうな方はぜひ雷鳥沢~新室堂乗越の登山コースへどうぞ。

自然が織りなす色は無限大!どんな立山カラーに出会えるでしょうか…

 

この秋、立山で色鮮やかな思い出を残しませんか?

 

  • 雷鳥沢~新室堂乗越の登山道より
  • 紅葉のモコモコ絨毯
  • 色づく山肌

Best spot! 天狗平

立山ブルーと秋色

雲一つない立山ブルースカイ!

 

水平道(天狗平~室堂)の散策道沿いでは

秋色チングルマがそよそよと風に揺れています。

ふわふわの風車のような綿毛と真っ赤に染まる葉が

立山に秋の訪れを感じさせます。

 

今週末は気温が下がるようなので

ぐっと秋が深まるのではないでしょうか。

  • 「チングルマ」の名前の由来といわれる
    稚児車(ちごぐるま)のような綿毛
  • 色づき始めたナナカマド越しの立山

Best spot! 室堂

色とりどりの雷鳥沢

立山室堂の紅葉はあともう少しでピークを迎えそうな雰囲気です。

週末の雷鳥沢キャンプ場では色とりどりのテントが並び大賑わい。

色づく山々を眺めながらの秋キャンプ、最高に贅沢だな~

  • カラフルテントがなんともかわいい
  • 雷鳥沢付近の浄土沢の沢筋も色づき始めています

Best spot! 弥陀ヶ原

もくもくも

山は雲を見て触れて感じられる絶好の場所!

 

美女平(977m)から高原バスに乗るとあたりは真っ白、まさに雲の中。

弥陀ヶ原(1,930m)あたりを通過すると雲が抜けて一気に青空が!

振り返れば雲の上の世界にいる感動と不思議さがこみ上げてきます。

 

立山で観光や登山もいいけど、

刻一刻と変化する雲の動きをぼんやり眺めるのもいいかも・・・

  • 1日を通して雲海が見られる日も
  • ソーメン滝と立山と秋を感じる雲