散策コース

みくりが池周回コース

難易度

室堂平(立山玉殿の湧水)

全国名水百選に選ばれた名水は、トロリーバスが通る立山トンネル内の破砕帯から導水しており、例年6月上旬から10月下旬にかけて多くの人でにぎわいます。

  • 雄山直下の地下水で、立山トンネル開通と共に湧出した名水。

  • 室堂ターミナル前にあり、名水百選の中では最高所にある。

  • 名水百選にも選ばれているおいしい湧き水で休憩!

  • 2〜5℃の冷たい水が湧き出ている。

立山室堂

江戸時代中期に建てられた日本最古の山小屋は国の重要文化財に指定されており、冬の積雪にも耐えられるよう非常に堅牢なつくりになっています。

  • 再建から280年以上という長い年月が経っている。

  • 立山信仰に関するパネルや出土品が展示されている。

  • 柱は美女平原生林で伐採されたそうだ。

みどりが池

みくりが池の東側に位置するみどりが池の水深は約1.6m。透明度が高く、澄んだ湖面には周囲の山々の緑が美しく映えます。

  • みどりが池の静かな湖面に、雄大な山々が映る。

  • みどりが池の畔で、立山三山を眺める。

  • 澄んだ水をたたえるみどりが池に、清涼な風は吹き抜ける。

血の池

なだらかな湿地に血のように赤い水たまりが点在しています。その赤い色は、水分中に多くの酸化鉄が含まれることに起因しているものです。かつては血の池地獄と呼ばれ、立山地獄のひとつに数えられていました。

  • 遊歩道から眼下に一望できる。

  • 血の池周辺も紅葉期は黄色に色づく。

みくりが池展望台

室堂を代表する風景のみくりが池と雄山。6月までは、すっぽりと雪で覆われますが、7〜10月はその美しい紺碧の水面に立山の姿を映します。

  • 紺色に輝くみくりが池は、水深15mの爆裂火山湖。

  • 坂道を下りきると、絶好のビュースポットがある。

  • 湖面に浮かぶハートマークを見ることができる。