散策コース

弥陀ヶ原遊歩道コース

難易度

追分

かつて、立山登拝の道は一ノ谷道と姥ヶ懐道に別れていました。現在は松尾峠、弥陀ヶ原、一ノ谷への分岐点となっています。ここには立山高原パークラインの料金所があり、平成12年に無人化されました。

弥陀ヶ原

なだらかな溶岩台地に広がる高原には、風情ある木道が延々とつづきます。餓鬼の田と呼ばれる高層湿地特有の池塘(ちとう)が点在するほか、夏から秋にかけては色とりどりの高山植物が咲き誇ります。

  • 高原の湿原の中に敷かれた木道を散策。

  • 揺れるワタスゲに、高原を吹き抜ける風を感じることができる。

  • 広い湿原に点在するガキの田の弥陀ヶ原らしい景観を楽しもう!

  • 夕日に照らされる湿原は、1日を締めくくるハイライト。

  • 湿生の高山植物を見ることができる。