夕日に染まる雲海を眺めるだけで、どうしてこんなに幸福になれるのだろう。静かに漂う雲は、赤やオレンジ、そして紫色へと刻々と変化しながら見事な絵を描き出し、いつまでも見飽きることがない。