立山黒部アルペンルート

第24回鉄道の日記念「こども駅長」イベントの様子

10月24日(土)に、第24回鉄道の日記念「星にいちばん近い駅・室堂こども駅長」イベントをトロリーバス室堂駅で行いました。

こども駅長の応募には全国から多数寄せられ、抽選で選ばれた4人の小学生に務めてもらいました。

 

 

まずはトロリーバス室堂駅の細野駅長から、こども駅長の任命書と名札をもらった4人のお子さんは、最初はやや緊張していた様子でしたが、駅のお仕事をこなすうちに見る見る慣れてきて、みんなで仲良く改札をしたり、トロリーバスに出発合図を出したり、鉄道の日記念のグッズを配ったりと大活躍。

 

 

(改札の様子)

 

可愛らしいしぐさで、大人顔負けの仕事ぶりを見せてくれました。

「ご乗車ありがとうございます」「行ってらっしゃいませ」とお客さまに元気よく声を掛け、

お客さまからも「かわいい」「ありがとう」と温かい声が掛けられ、駅も和やかな雰囲気に。

 

(笑顔でお客様をお出迎え)

 

こども駅長を体験したみなさんからは、「緊張したけど楽しかった。」「駅の仕事を体験できて良かった」

「来年も応募したい」などの感想をいただきました。

 

室堂ターミナル駐車場では、普段トンネルの中でしか見ることのできない、立山トンネルトロリーバスを展示し、

多くのお客様が記念撮影や体験乗車をしました。

(未来のトロリーバス運転手)

 

また、小学生以下のお客様を対象としたキッズコーナーを開設し、トロリーバスの「ぬり絵」や

ペーパークラフトの組み立てに、こども達が熱中して取り組んでいました。

(トロリーバス車内にて一生懸命にぬり絵、ペーパークラフトを頑張るこどもたち)

 

大観峰駅では、「越中陶太鼓」の生演奏や富山県上市町の観光PRブースを開設し、特別ゲストとして、

「元気とやまマスコットきときと君」「つるぎくん」が遊びに来てくれたほか、

アルペンルートの各乗り物をモチーフとしたお土産品や、鉄道の日記念の「オリジナル福袋」販売があり、

多くのお客様がご利用されました。

 

(越中陶太鼓による迫力のあるパフォーマンス)

 

(つるぎ君と触れ合うお客様)

 

(鉄道の日オリジナル福袋を販売する駅員)

 

立山ロープウェイの貸切イベント「立山ロープウェイで愛を叫ぼう!」が開催され、応募で選ばれた

男女一組の「愛の告白」が見事成功し、二人を祝福しようと多くのお客様や従業員がロープウェイホームに駆けつけ、

祝福しました。

(愛の告白成功ペアと立山ロープウェイ)

 

(告白、成功者様にインタビュー)

 

二人にとって、立山が思い出の地となり嬉しい限りです。末永い幸せをスタッフ一同、お祈りしてます。

 

※山ガールのブログにもイベントの様子が載っています。